コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耐火度 たいかどrefractoriness

5件 の用語解説(耐火度の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

耐火度
たいかど
refractoriness

黒鉛,耐火粘土などの耐火の程度。金属材料の耐熱性が酸化などの化学反応も含めた意味であるのに対し (→耐熱合金 ) ,耐火度は主として火炎の熱気に対する耐軟化性をいう。通常は SK番号 (→ゼーゲルコーン ) で表わす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

耐火度【たいかど】

物体が加熱によって軟化する温度を示す値。試験物粉末で軟化変形温度が決まっているゼーゲルコーンという温度測定錐と同形の試験錐をつくり,両者を同時に加熱して比較,試験錐と同様の軟化経過をするゼーゲルコーンの番号SKでその耐火度を示す。
→関連項目耐火粘土耐火物

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいかど【耐火度 refractoriness】

耐火物の耐熱性を示す重要な性質の一つ。ふつう材料には一定の融点があるが,耐火物は一般に多成分であるために融点が明りょうではない。そこで,標準ゼーゲルコーンと,試料粉末でつくった同形状の三角錐とを同時に加熱し,両者の軟化変形状態を比較してその耐火度を測定する。すなわち,試験錐と同様の軟化変形を示すゼーゲル番号SKをもってその試料の耐火度を表す。なお,耐火度は自重のみがかかった状態での軟化変形温度を表すもので,実用上は荷重軟化点がより重要となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

耐火度
たいかど
refractoriness

物質の高温度に耐える能力をいう。耐火物では、一定粒度の試料に有機結合剤を加えてゼーゲル錐(すい)と同一形状の三角錐をつくり、両者を同じ条件の下で加熱し、試料錐が熔倒(ようとう)したときに、これと同じ状態を示した標準錐の番号をもって定める。[素木洋一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone