軟化(読み)ナンカ

デジタル大辞泉の解説

なん‐か〔‐クワ〕【軟化】

[名](スル)
かたい物がやわらかくなること。固形物質が加熱によってやわらかくなり、変形しやすくなること。また、物をやわらかくすること。⇔硬化
主張・態度をやわらげ、穏やかになること。また、穏やかにすること。「深夜に及ぶ説得に態度を軟化させる」⇔硬化
取引で、相場が下がり気味になること。⇔硬化
硬水中のカルシウムマグネシウムを取り除き、軟水にすること。
野菜の食用部分を白くやわらかに生長させること。軟白

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なんか【軟化】

( 名 ) スル
硬い物が軟らかくなること。
かたくなだった態度や意見が、やわらぎおだやかになること。 「態度が-する」
固体物質が加熱により、溶融するより先に軟らかくなって、変形しやすくなる現象。ガラスやプラスチックのような無機または有機の高分子化合物にみられる。
硬水中のカルシウム-イオン・マグネシウム-イオンを除去し軟水にすること。イオン交換樹脂によるものが一般的。
取引市場で、相場が下がること。
野菜を、日照・通風を遮って軟らかく育てること。軟白。
▽⇔ 硬化

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

軟化の関連情報