コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荷電独立性 かでんどくりつせいcharge independence

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荷電独立性
かでんどくりつせい
charge independence

原子核を構成する核子間の核力は,核子の荷電状態にかかわらず,核子間の距離,スピンおよび相対角運動量の値が同一ならば同じであるという性質。この性質に基づく原子核の性質をアイソスピン不変性という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かでんどくりつせい【荷電独立性 charge independence】

原子核を構成する陽子と中性子とは,スピンが同じで質量も似た値をもっているので,1個の粒子(核子)の異なる二つの状態とみなすと便利なことが多い。この二つの状態を区別する量子数を,通常のスピンとの類似性から,アイソスピン(荷電スピン)と呼ぶ。通常は陽子が+1/2,中性子が-1/2の状態とされるが,便宜上のことに過ぎず,逆の割当てをする場合もある。核子間に働く核力は,このアイソスピンについて種々の対称性をもつと考えられているが,そのうち陽子と中性子の入れかえに対する対称性を荷電対称性charge symmetry,より一般にアイソスピン空間での任意の回転に対する対称性を荷電独立性と呼ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の荷電独立性の言及

【核力】より

…さらにこの核力と,陽子・中性子間の核力とがやはりほとんど等しいことも確かめられている。すなわち核力の強さは,核子が陽子であるか,中性子であるかには無関係で,このことを核力は荷電独立charge independenceであるという。ただし陽子・中性子の場合に比べ,陽子・陽子あるいは中性子・中性子のときはそれらが同種粒子であるため,パウリの原理が働くという違いのあることに注意しなければならない。…

※「荷電独立性」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

荷電独立性の関連キーワード西島和彦超多重項荷電空間

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android