荻洲立兵(読み)おぎす りゅうへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荻洲立兵 おぎす-りゅうへい

1884-1949 大正-昭和時代前期の軍人。
明治17年1月24日生まれ。歩兵第四十四連隊長,第一師団参謀長,台湾軍参謀長などをへて第十三師団長。陸軍中将。昭和14年ノモンハン事件では,第六軍司令官となるが,敗戦の責任をとわれ罷免。15年予備役に編入された。昭和24年12月22日死去。66歳。愛知県出身。陸軍大学校卒。旧姓伊藤

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android