全滅(読み)ぜんめつ

精選版 日本国語大辞典「全滅」の解説

ぜん‐めつ【全滅】

〘名〙
① 一つも残らずほろびること。また、一つも残さずほろぼすこと。全没。
※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉一〇「価を二三にする弊習の未だ全滅(ゼンメツ)に至らざる事」
※物理学と感覚(1917)〈寺田寅彦〉「世界の人間が全滅しても天然の事象は其儘に存在すると仮定する」
② 全うすることと滅びること。保全と滅亡。〔後漢書‐皇甫嵩伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「全滅」の解説

ぜん‐めつ【全滅】

[名](スル)残らず滅びること。また、残らず滅ぼすこと。「味方が全滅する」「害虫を全滅する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android