全滅(読み)ぜんめつ

精選版 日本国語大辞典「全滅」の解説

ぜん‐めつ【全滅】

〘名〙
① 一つも残らずほろびること。また、一つも残さずほろぼすこと。全没。
※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉一〇「価を二三にする弊習の未だ全滅(ゼンメツ)に至らざる事」
※物理学と感覚(1917)〈寺田寅彦〉「世界の人間が全滅しても天然の事象は其儘に存在すると仮定する」
② 全うすることと滅びること。保全と滅亡。〔後漢書‐皇甫嵩伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android