コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荻野山中藩 おぎのやまなかはん

1件 の用語解説(荻野山中藩の意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荻野山中藩
おぎのやまなかはん

江戸時代、相模(さがみ)国愛甲(あいこう)郡中荻野(なかおぎの)(神奈川県厚木市)に置かれた小田原藩の支藩。譜代(ふだい)。1706年(宝永3)小田原藩主大久保忠朝(ただとも)二男教寛(のりひろ)が西の丸若年寄に就任、駿河(するが)国で1万1000石を与えられ、駿東(すんとう)郡松永(静岡県沼津市)に陣屋を設立。1718年(享保3)相模国愛甲郡、大住(おおすみ)郡、高座(こうざ)郡で5000石を加増、中荻野に出張陣屋を置いた。1784年(天明4)5代教翅(のりよし)のとき中荻野陣屋を拡張改築して移り、以後、荻野山中藩と称した。1867年(慶応3)12月薩摩(さつま)藩浪士による同陣屋襲撃事件はよく知られている。[神彰利]
『『相模原市史 第2巻』(1967・相模原市)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の荻野山中藩の言及

【相模国(相摸国)】より

…この直轄領は代官頭彦坂元正(鎌倉郡岡津陣屋),長谷川長綱(三浦郡浦賀陣屋),伊奈忠次らが管掌した。この後特に寛永~元禄年間(1624‐1704)にかけて諸藩の飛地が交代で設定され,1729年(享保14)愛甲郡厚木村に下野国烏山藩大久保氏の,83年(天明3)には愛甲郡中荻野村に荻野山中藩大久保氏の陣屋が設立された。さらに後期には海岸防備のため,三浦半島中心の海辺の村々は彦根藩をはじめ諸大名交代による短期間ごとの支配が幕末まで続き,近世を通し相模国には36藩が出入した。…

※「荻野山中藩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone