菅沼定男(読み)すがぬま さだお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅沼定男 すがぬま-さだお

1879-1946 明治-昭和時代前期の眼科学者。
明治12年3月生まれ。43年新潟医専教授となりドイツ留学。大正9年慶大医学部設置のさいに初代眼科学教授となる。眼結核の病理組織学的研究で知られる。昭和21年2月27日死去。68歳。新潟県出身。京都帝大卒。著作に「眼病理学」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ボヘミアン・ラプソディ(映画)

イギリス・米国の伝記映画。イギリスの人気ロックバンド・クイーンと、そのボーカルで1991年に45歳で死去したフレディ・マーキュリーの半生を描く。タイトルは同バンドが75年に発表したフレディ作の楽曲と同...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android