菅沼定男(読み)すがぬま さだお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅沼定男 すがぬま-さだお

1879-1946 明治-昭和時代前期の眼科学者。
明治12年3月生まれ。43年新潟医専教授となりドイツ留学。大正9年慶大医学部設置のさいに初代眼科学教授となる。眼結核の病理組織学的研究で知られる。昭和21年2月27日死去。68歳。新潟県出身。京都帝大卒。著作に「眼病理学」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android