コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅野定明 すがの さだあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅野定明 すがの-さだあき

1815-1868 幕末の武士。
文化12年生まれ。加賀金沢藩士。昌平黌(しょうへいこう)にまなび,頼三樹三郎と親交をむすぶ。藩内で尊王論をとなえ,文久3年幕府より藩主前田斉泰(なりやす)と世子に出府命令があったとき,応じないように進言した。慶応4年3月17日死去。54歳。字(あざな)は惟一。通称は三太郎。号は竹圃。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

菅野定明の関連キーワードオブレノビチ家戊辰戦争ラ・ファリーナミロシュ・オブレノビチブルースターメビウス藩学一覧日本の医学史(年表)旧ユーゴ諸国史(年表)早竹虎吉(初代)

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android