コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅野陽 すがの よう

1件 の用語解説(菅野陽の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅野陽 すがの-よう

1919-1995 昭和後期-平成時代の版画家。
大正8年1月17日台湾台北生まれ。東京美術学校(現東京芸大)で日本画をまなび,戦後銅版画に転じる。昭和30年日本版画協会展に出品し,31年同会会員。東京国際版画ビエンナーレ展などで活躍。銅版画のさまざまな技法を駆使した繊細な作風で知られる。また初期洋風版画を研究し,58年「江戸の銅版画」を刊行。平成7年12月15日死去。76歳。本名は陽太郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

菅野陽の関連キーワード関主税内田秀雄小林英司関晃辻隆豊嶋一喜中西珠子新見嘉兵衛林良平原田憲

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

菅野陽の関連情報