コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊万荘 きくまのしょう

百科事典マイペディアの解説

菊万荘【きくまのしょう】

伊予国野間郡にあった京都上賀茂社(賀茂別雷神社)領の荘園。現在の愛媛県菊間町(現・今治市)内に比定される。1090年に堀河天皇が賀茂上下社へそれぞれ不輸租田600余町を寄進し供料田としており,このとき菊万荘が上賀茂社領となったとみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きくまのしょう【菊万荘】

伊予国野間郡の荘園。現愛媛県越智郡菊間町のうち。賀茂別雷(かもわけいかずち)神社領。鎌倉時代末のものと推定される伊予国内宮役夫工米未済所々注文に〈菊万庄百三十町〉と規模を記す(《輯古帖》所収御裳濯川和歌集紙背文書)。立荘時期・成立事情とも不詳。《神主代々正禰宜祝等社恩事》なる記録に,神主賀茂成重のとき(1136‐45年在任),弟の正禰宜重継が社恩として当荘(領家職か)を与えられたとあり,それ以前からの社領。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報