コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

段銭 たんせん

6件 の用語解説(段銭の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

段銭
たんせん

鎌倉~戦国時代,臨時に賦課された税。朝廷や幕府は,即位,譲位,大嘗会,内裏造営,将軍宣下,大社造営などの費用にあてるため,臨時に田に対して段別に賦課した。初めは米を徴収したので段米と称したが,次第に銭に変った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たん‐せん【段銭】

《「だんせん」とも》中世、即位・内裏修理・寺社造営・将軍宣下(せんげ)などに際し、朝廷・幕府などがその費用に充てるため、臨時に諸国の田地から段数に応じて徴収した金銭。室町時代以後、恒常化した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

段銭【たんせん】

古代末期〜中世,段別に賦課された臨時課税。即位・大嘗会(だいじょうえ),内裏(だいり)や寺社の造営に当たって賦課された。初め米で徴収し(段米),朝廷の命で国衙(こくが)が賦課。
→関連項目一国平均役大山荘菊万荘守護大名役夫工米

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

たんせん【段銭】

中世の臨時公事。後に恒常化する。即位,譲位,大嘗会などの朝廷公事,伊勢神宮興福寺などの大寺社修造,将軍・幕府関係など諸種の国家的行事の費用調達のために諸国あるいは1~数ヵ国に課した公事で,田地1段別何文(升)というように賦課した。鎌倉時代には米の徴収が多かったので段米とも称した。荘園も公領も平均に課せられたので一国平均役ともいう。賦課主体は,南北朝前期までは王朝権力であったが,1370年代以降は賦課も免除もともに室町幕府の握るところとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たんせん【段銭】

〔「だんせん」とも〕
中世の租税の一。即位・大嘗会だいじようえ・内裏修造・将軍宣下せんげなどの費用として、朝廷・幕府・守護などが一定地域に公田の面積に応じて一律に課した臨時税。古くは米で徴収していたものが銭納化したもの。室町時代以降、付加税として恒常化。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

段銭
たんせん

中世、朝廷や幕府が臨時に賦課した税の一種。田の面積一段別に銭(ぜに)何文宛(あて)と算定したのでこの名がある。米で徴収した場合が段米(たんまい)である。即位、大嘗会(だいじょうえ)、内裏(だいり)造営、将軍上洛(じょうらく)、伊勢(いせ)神宮造替(ぞうたい)などの国家的な行事の費用にあてるため、特定の国を定めて、その国内の荘園(しょうえん)や名(みょう)などの所領単位に課し、守護が国ごとの大田文(おおたぶみ)に記載された公田(こうでん)の田数によって催促した。室町時代には、守護が独自に課す守護段銭が現れ、恒常化するようになった。守護が段銭の徴収権を知行(ちぎょう)として被官に給与したり、荘園領主が年貢と重複して段銭を徴収することもあった。守護権を継承した戦国大名は、段銭の徴収権を独占し、知行地に一律に課すようになり、段銭は棟別(むねべつ)銭と並ぶ重要な財源となった。[村田修三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の段銭の言及

【国役】より

…そして,それらの課役は守護が各国衙機構の実質を掌握するに従い,守護が国内から催徴し,負うところとなった。また大嘗会米(段銭)など諸国の公領・荘園への臨時課役は朝廷の実質的権限をにぎった幕府が漸次賦課するようになる。幕府はまた将軍・幕府の諸行事・事業のため臨時の賦課を守護に課したが(守護出銭),これもときに国役と称された。…

※「段銭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

段銭の関連キーワード賀茂の臨時祭公事所公事家恒常試楽戦時公債賀茂の臨時の祭反米ジョアン[2世]国事行為の臨時代行に関する法律

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

段銭の関連情報