コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊川多賀 きくかわ たか

2件 の用語解説(菊川多賀の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

菊川多賀

日本画家。札幌生。本名は孝子。日本画家菊川三織子は姪。上京後、父の友人の日本美術院同人・清原斎に師事し、戦後堅山南風に師事する。女性群像や歌舞伎・文楽などをモティーフとする太い線描による力強い作品を残した。日本美術院同人。日本美術院評議員。院展で文部大臣賞・総理大臣賞受賞。勲四等瑞宝章受章。平成3年(1991)歿、80才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊川多賀 きくかわ-たか

1910-1991 昭和-平成時代の日本画家。
明治43年11月16日生まれ。清原斎(ひとし),堅山南風に師事。昭和23年院展初入選,36年から3年連続で日本美術院賞を受賞し,57年「遥」が内閣総理大臣賞。力づよい群像表現で知られた。平成3年1月15日死去。80歳。北海道出身。本名は孝子。作品に「祈」「森」「舞妓」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone