菊池彩花(読み)きくち あやか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊池彩花 きくち-あやか

1987- 平成時代の女子スピードスケート選手。
昭和62年6月28日生まれ。中学時代から各大会で活躍。平成18年全日本スピードスケート選手権で500m1位,21年1500m・5000mで1位,22年には総合優勝,23年も総合2位となるなどオールラウンダーとして活躍。25年全日本スピードスケート距離別選手権1500m1位,3000m2位。26年のソチ冬季五輪代表となり,チームパシュート(田畑真紀,菊池彩花,押切美沙紀,髙木菜那)で4位入賞,1500mは31位。五人姉妹の次女で,4女の菊池萌水もソチ冬季五輪代表(ショートトラック)。3女悠希・5女純礼もショートトラック選手。富士急行所属。長野県出身。佐久長聖高卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

菊池彩花の関連情報