菊池武夫(2)(読み)きくち たけお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊池武夫(2) きくち-たけお

1875-1955 明治-昭和時代前期の軍人,政治家。
明治8年7月23日生まれ。昭和2年陸軍中将で予備役となり,勤労連盟を主宰して右翼運動に関係。6年貴族院議員。10年貴族院本会議で美濃部(みのべ)達吉の天皇機関説国体に反するとして糾弾し,排撃運動の先頭にたった。昭和30年12月1日死去。80歳。宮崎県出身。陸軍大学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android