菊池武時妻(読み)きくち たけときの つま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊池武時妻 きくち-たけときの-つま

?-? 鎌倉-南北朝時代の女性。
正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年(1333)赤橋英時とたたかって敗れた夫の辞世の歌を,戦場から脱出した長男武重(たけしげ)からうけとる。夫の敗死を知って長男に「国家の大義につくせ」といいのこし自害した。
【格言など】ふる里もこよひばかりの命とぞ知りてや君が我を待つらむ(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android