大義(読み)タイギ

デジタル大辞泉の解説

たい‐ぎ【大義】

人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」
重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいぎ【大義】

人間として踏み行うべき最も大切な道。特に、国家・君主に対して国民のとるべき道をいうことが多い。 「悠久の-」 「 -にもとる」
重要な意義。大切な意味。 「 -を忘れて小威儀に滞ると/十善法語」
[句項目] 大義親を滅す

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たい‐ぎ【大義】

〘名〙 (「だいぎ」とも)
① 重要な意義。大切な意味。要義。
※法華義疏(7C前)一「大乗教猶称是方便者、即如上釈、大義未周故也」
十善法語(1775)二「大義をわすれて小威儀にとどこふると」 〔漢書‐芸文志〕
② 人のふみ行なうべき大切な節義。人倫の大きな筋道。君臣、子、男女の道など。
※性霊集‐六(835頃)奉為桓武皇帝講太上御書金字法花達「文思弘道、凌殷周而大義貫三」
※神皇正統記(1339‐43)中「此大臣まさしき外戚の臣にて政(まつりごと)をもはらにせられしに、天下のため大義をおもひてさだめおこなはれける」 〔易経‐家人卦〕
③ 過重な負担。厄介な事柄。大儀。
※蔭凉軒日録‐文明一八年(1486)七月二日「鹿苑寺領庭石十ヶ、自東府之。為寺家引進之命有之。然者寺家大義不之。達台聴御免者、為寺家之大幸
※雑俳・柳多留‐九(1774)「月二つむすこ太義を思ひたち」
⑤ 聖徳太子が推古天皇一一年(六〇三)に制定した冠位十二階のうちの一つで、第九番目の位。
※書紀(720)推古一一年一二月(岩崎本訓)「始めて冠の位を行ふ。大徳・小徳・大仁・小仁・大礼・小礼・大信・小信・大義(音読符号)・小義・大智・小智、并せて十二階なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大義の関連情報