コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊池素行 きくち そこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊池素行 きくち-そこう

?-? 江戸時代後期の儒者。
陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩士天保(てんぽう)年間(1830-44)に藩校稽古館の学士となり,のち副督学。荻生徂徠(おぎゅう-そらい)の古文辞学の立場をとった。享年73歳。名は正陽。通称は形左衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

菊池素行の関連キーワード陸奥儒者

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android