コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菖蒲兜 ショウブカブト

デジタル大辞泉の解説

しょうぶ‐かぶと〔シヤウブ‐〕【×××兜】

端午節句ショウブ(かぶと)の形に作ったもの。
端午の節句に飾る兜。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あやめかぶと【菖蒲兜】

しょうぶかぶと【菖蒲兜】

五月五日の節句に、菖蒲を兜の形に作った物。
端午の節句に武者人形とともに飾る兜。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の菖蒲兜の言及

【武者人形】より

…江戸時代初期の五月節供に模造の飾兜(かぶと)を武具類,幟(のぼり),吹貫きなどとともに屋外に並べ立てた。この兜を菖蒲(しようぶ)兜といい,これが武者人形を生む母体となった。菖蒲兜は邪気をはらう意味をもつショウブの葉でつくった。…

※「菖蒲兜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

菖蒲兜の関連キーワード菖蒲の兜武者人形五月節供菖蒲