コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菖蒲酒 アヤメザケ

デジタル大辞泉の解説

あやめ‐ざけ【菖蒲酒】

ショウブを細かく刻んで浸した酒。邪気を払うため、端午節句に飲んだ。しょうぶざけ。 夏》

しょうぶ‐ざけ〔シヤウブ‐〕【××蒲酒】

あやめざけ」に同じ。 夏》「くちつけてすみわたりけり―/蛇笏

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あやめざけ【菖蒲酒】

しょうぶざけ(菖蒲酒) 」に同じ。

しょうぶざけ【菖蒲酒】

菖蒲の葉や根を浸した酒。邪気を払うものとして五月五日の節句に飲んだ。あやめざけ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の菖蒲酒の言及

【ショウブ】より

…平安時代には,《枕草子》や《蜻蛉日記》に見られるように,五月節供に軒にショウブとヨモギをふいて魔よけのまじないとした。このほか,ショウブをまくらの下に敷いて寝たり,ふろや酒に入れて菖蒲湯や菖蒲酒にした。また貴族の間では,菖蒲蘰や菖蒲冑をつけ,腰には菖蒲刀をさしたり,〈菖蒲合せ〉といって根の長さを競って歌を詠む遊びも行われた。…

【端午】より

… この日,薬草を摘み,家の門には艾(よもぎ)で作った人形や虎,あるいは菖蒲(しようぶ)で作った剣をかけ,鍾馗(しようき)の絵や五毒(サソリ,ムカデ,ヤモリ,ガマ,ヘビ)を食っている虎の絵を貼って邪鬼の進入を防いだ。また菖蒲酒や雄黄酒(イオウを混ぜた酒)を飲み,無病息災を祈った。艾,菖蒲,雄黄などは,その香気や薬性によって邪気悪霊を払うことができると信じられたのである。…

※「菖蒲酒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

菖蒲酒の関連キーワード端午の節供五月人形あや菖蒲

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android