コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菜蔬 サイソ

大辞林 第三版の解説

さいそ【菜蔬】

青物。野菜。蔬菜。 「米穀-を輸おくつて/渋江抽斎 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の菜蔬の言及

【野菜】より

…現在の用語法ではこのようになっているが,本来の語義からするとこれは誤用であり,また,野菜と蔬菜も同義ではなかった。菜蔬(蔬菜)は,中国の古文献に見られるごとく,食用にされる草の総称であった。単独で菜(さい)といい,蔬(そ)という場合も同じで,栽培種であれ野生種であれ,食べられる草(キノコなどを含むこともある)を指すものだった。…

※「菜蔬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

菜蔬の関連キーワード古今要覧稿庖厨・庖廚木村雲渓名飯部類渋江抽斎

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android