コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

華岡青洲の妻 ハナオカセイシュウノツマ

デジタル大辞泉の解説

はなおかせいしゅうのつま〔はなをかセイシウのつま〕【華岡青洲の妻】

有吉佐和子長編小説江戸時代の医師華岡青洲の、妻と姑との確執を描く。昭和42年(1967)刊。同年、第6回女流文学賞受賞。映画化・戯曲化もされている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

華岡青洲の妻の関連キーワード市川 雷蔵(8代目)太地 喜和子有吉 佐和子矢吹 寿子波乃久里子増村 保造寺島しのぶ大木 正司北村 和夫小川真由美杉山美穂子池内 淳子田村 高広杉村 春子新藤兼人高峰秀子藤間 紫戌井市郎中川雅子小瀬 格

華岡青洲の妻の関連情報