コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

華蓋 カガイ

デジタル大辞泉の解説

か‐がい〔クワ‐〕【華蓋】

花のように美しい衣笠(きぬがさ)。
ハスの花の形をした天蓋

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かがい【華蓋】

花のように美しいきぬがさ。
蓮華れんげの形をした天蓋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の華蓋の言及

【天蓋】より

…仏像の頭上にかざす蓋(きぬがさ)をいう。天空にあり,しかもつねに仏の頭上にあるところから華蓋,宝蓋,懸蓋などとも呼ばれる。これは仏の威信の象徴であり,仏の徳を讃嘆するものであり,後に仏を供養し,荘厳(しようごん)するものとなった。…

※「華蓋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

華蓋の関連キーワード楊士奇楊一清張そう癩眉

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android