(読み)カ

デジタル大辞泉「華」の解説

か【華】[漢字項目]

常用漢字] [音](クヮ)(漢) (慣) ゲ(呉) [訓]はな
〈カ〉
はな。「華道
はでで、はなやかなこと。「華燭かしょく華美華麗栄華えいが豪華繁華浮華
輝き。光。栄え。「月華光華国華
すぐれて美しいもの。「詞華精華
白い粉末。「鉛華
中国の自称。「華僑華語華字中華日華
(「華」の文字分析から)六十一歳。還暦。「華甲
〈ケ・ゲ〉はな。「香華散華法華ほけ・ほっけ蓮華れんげ優曇華うどんげ万華鏡曼陀羅華まんだらげ
[名のり]は・はる
[難読]華奢きゃしゃ華盛頓ワシントン

か〔クワ〕【華】

華やかなこと。はでなこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「華」の解説

クヮ【華】

〘名〙 はなやかなこと。はでなこと。色彩の美しいこと。外観のよいこと。みえ。虚飾。おごり。
※山谷詩集鈔(1647)五「公の学問にすいた事は、渇して水を思、飢て食を思様にあった倹約な者ぞ。くわをせず無欲にあった」 〔徐陵‐玉台新詠序〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android