コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒヨス

デジタル大辞泉の解説

ヒヨス

《学名、〈ラテンHyoscyamusから》ナス科の一・二年草。高さ約1メートル。全体に毛が密生する。葉は長卵形で羽状に浅く裂けていて、主脈が白い。初夏、汚黄色で壺状の花を横向きに開く。花の内面奥は紫色。ヨーロッパの原産。全体にアルカロイドを含み、葉を鎮痛薬などに利用する。
[補説]「菲沃斯」とも書く。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

菲沃斯 (ヒヨス)

学名:Hyoscyamus niger
植物。ナス科二年草

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

ヒヨスの関連キーワードヒヨス主脈

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android