コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒヨス

デジタル大辞泉の解説

ヒヨス

《学名、〈ラテンHyoscyamusから》ナス科の一・二年草。高さ約1メートル。全体に毛が密生する。葉は長卵形で羽状に浅く裂けていて、主脈が白い。初夏、汚黄色で壺状の花を横向きに開く。花の内面奥は紫色。ヨーロッパの原産。全体にアルカロイドを含み、葉を鎮痛薬などに利用する。
[補説]「菲沃斯」とも書く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ヒヨスの関連キーワードヒヨス主脈

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android