コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萩原佐伝次 はぎわら さでんじ

1件 の用語解説(萩原佐伝次の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

萩原佐伝次 はぎわら-さでんじ

1806-1896 幕末の治水家。
文化3年生まれ。武蔵(むさし)秩父郡(埼玉県)大野原村の名主。同郡上影森村名主の関田宗太郎とともに私財を投じて,橋立川,湯沢川から飲料・農業用の影森用水を開削し,万延元年完成させた。工事は武蔵忍(おし)藩直営でおこなわれ,佐伝次は士分にとりたてられた。明治29年3月17日死去。91歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

萩原佐伝次の関連キーワード深刻小説ナポリ王国フランツ大陸封鎖フランツ[2世]佐羽吉右衛門(3代)たけくらべヴィーダーウェルニヒ金弘集

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone