萬川集海(読み)まんせんしゅうかい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

萬川集海
まんせんしゅうかい

「ばんせんしゅうかい」とも読む。忍術書、全22巻。1676年(延宝4)伊賀国阿拝(あへ)郡東湯舟(ひがしゆふね)(三重県伊賀市)の郷士、藤林左武次保武(さむじやすたけ)(保義(やすよし))の著。藤林氏は伊賀の上忍(じょうにん)藤林長門守(ながとのかみ)の後裔(こうえい)で、東湯舟は伊・甲両国の国境に近く、本書は伊・甲両忍の秘書として伝写されてきた。本書は楯岡(たておか)の道順(どうじゅん)ら11人の名人が用いた秘術や忍器をはじめ、古今四九流の忍書からの抜粋を体系的に集大成し、総論的な序・凡例・目録に次いで、忍術の倫理的な側面を強調した正心(せいしん)(2巻)、将知(しょうち)(5巻)、陽忍(ようにん)(3巻)、陰忍(いんにん)(5巻)、天時(てんじ)(2巻)と続き、陰忍として必須(ひっす)の忍器の製作・使用法を登器・水器・開器・火器に分けて説いている(5巻)。これらのなかには2巻にわたって多くの火器を列挙し、火薬の使用によって忍術が完成に至ったことを明らかにしている。なお、『忍術問答(由来之章)』『忍道梯階(ていかい)論』『和漢忍利証語抄(にんりしょうごしょう)』の3巻を付録させて完本としている。[渡邉一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android