甲賀者(読み)こうがもの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

甲賀者
こうがもの

近江国 (滋賀県) 甲賀郡忍び生業とする地侍をいう。江戸時代徳川家康厚遇を得て侍としての特権を認められ,鉄砲同心として仕えた。伊賀者とともに忍者 (しのびのもの) として有名である。 (→隠密 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

甲賀者【こうがもの】

甲賀衆とも。近江(おうみ)国甲賀(こうが)郡を根拠とした地侍(じざむらい)衆。俗に甲賀53家といい,山中(やまなか),小佐治(こさじ),頓宮(とんぐう),神保(じんぼ),美濃部(みのべ),伴(ばん),三雲(みくも),望月(もちづき)氏らが著名。室町時代,幕府の奉公衆や近江守護佐々木氏の被官となって活躍。江戸時代の初め,幕府から関東移住を勧められたが,大部分は移らず,郷士として処遇された。伊賀者(いがもの)と並び忍びの者として有名。なお関東移住者は幕府の鉄砲百人組の甲賀組に編成された。
→関連項目隠密

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうがもの【甲賀者】

甲賀衆とも称し,近江国甲賀郡の地侍をいう。伊賀者とともに忍者として有名。甲賀武士の活動は鎌倉時代からみられ,室町時代には近江の守護六角氏の配下に属し,山中,神保,美濃部,伴,望月の諸氏をはじめ53家を数えたという。彼らは早くから徳川氏との間に関係を保ち,江戸開幕とともに家康召致をうけたが,大半のものはそれを断って土着して郷士となり,その後も侍分の特権を与えられていた。しかし,1600年(慶長5)の関ヶ原の戦で家康の部将鳥居元忠指揮下にあって伏見城を死守したものの子孫は,与力(10騎),同心(100人)として召し出されて山岡備前守景友(道阿弥)に配属され,景友の知行9000石のうち4000石がその給分にあてられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうがもの【甲賀者】

甲賀郡土着の郷士。戦国時代、伊賀者とともに忍びの者として活躍し、一部の子孫は江戸初期、幕府に仕えて鉄砲同心などを勤めた。甲賀衆。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

甲賀者
こうがもの

近江(おうみ)国(滋賀県)甲賀郡の地侍(じざむらい)出身者の総称。忍びの術に長じ、伊賀者と並んで江戸幕府や諸藩に召し抱えられた。徳川氏と親密になったのは、本能寺の変に、おりから堺(さかい)に滞在中の家康が急遽(きゅうきょ)伊賀越えで帰国する際、護衛にあたったことによる。関ヶ原の戦いに先だつ伏見(ふしみ)の籠城(ろうじょう)戦に、甲賀から100余人が救援に駆けつけたが、うち70余人が戦死している。戦後、家康は彼らの功に報いるため、甲賀百人組を編成させ、江戸城の大手三門の警固にあたらせた。関東に移住することを嫌った者たちは生国で郷士となったが、寛政(かんせい)の改革当時、幕府に忍術復興を陳情した古士(こし)二十一家のうち約半数は経済的に窮迫し、忍術の維持は困難であると訴えている。[渡邉一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

甲賀者の関連情報