コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落(と)し文/落(と)し書 オトシブミ

デジタル大辞泉の解説

おとし‐ぶみ【落(と)し文/落(と)し書】

政治批判など公然とは言えないことを書いて、人目につきやすい所に落としておく文書。落書(らくしょ)。
甲虫目オトシブミ科の昆虫の総称。小形でゾウムシに似るが、首が長い。体色は黒・赤などで光沢がある。クヌギナラなどの葉を巻いて巻物の書状に似た巣を作り、卵を産みつける。その後、切って地上に落とすものや、そのままとするものがある。 夏》「音たてて落ちてみどりや―/石鼎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

落(と)し文/落(と)し書の関連キーワード二条河原落書オトシブミ志野陶落書

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android