コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落(と)し蓋 オトシブタ

デジタル大辞泉の解説

おとし‐ぶた【落(と)し蓋】

鍋などの容器の中にすっぽり落ち込み、直接材料にかぶさるふた。漬物桶のものもいう。さしぶた。
箱の側面をふたとし、左右の溝に沿って上げ下げして開閉するもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

落し蓋
おとしぶた

魚や野菜を煮るとき、鍋(なべ)の大きさより小さい蓋を用いることがあるが、こうして煮汁の中の材料に密着する蓋をいう。落し蓋を用いるのは、煮物をするときに、煮汁の沸騰により煮くずれしないことと、熱が平均に材料に行き渡るので煮物はふっくらと仕上がることからである。落し蓋は木製に限らない。豆を煮るときには紙の落し蓋などを代用してもいい。この場合、豆は皮が破れずに柔らかく、しかもしわができないで見た目も美しく仕上がる。[多田鉄之助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

落(と)し蓋の関連キーワード日本料理/おもな調理用語多田鉄之助鰻面豆腐キムチ甘露煮豆腐カニ黒豆容器飴煮

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android