コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落(と)し オトシ

デジタル大辞泉の解説

おとし【落(と)し】

落とすこと。
入れるべきものを忘れること。落ち。「名簿に落としがある」
鳥獣などを捕らえるための仕掛け。わな。また、落とし穴。「猪(いのしし)が落としにかかる」
戸の桟に作り付けて、閉めたときに敷居の穴に落とし入れる、戸締まり用の木片。また、そのような装置。枢(くるる)。
話の結末。落語などの落ち。
布を裁断した余り。裁ち落とし。
落とし懸け3」の略。「長火鉢の落とし
落とし巾着(ぎんちゃく)」の略。
謡曲で、節を一段下げて歌うこと。落ち。
10 浄瑠璃で、強く訴えるときに用いる種々の節回し。大落とし・文弥落としなど。
11 採掘価値のある鉱脈で、山の傾斜方向にのびているもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

落(と)しの関連キーワード減圧リン酸塩さら(晒)し減圧さら(晒)し装置クレンジングクリームドロップインコンロ掻い詰め・搔い詰めコールドクリーム出雲広瀬方円窯ペディキュアドロップニーご用達 和風街の女マギー低速度撮影微速度撮影テフナクトちんからり気を失う追いはぎ精進落しとろろ汁ガブリ手

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android