コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落(と)し懸け/落(と)し掛け オトシガケ

デジタル大辞泉の解説

おとし‐がけ【落(と)し懸け/落(と)し掛け】

床の間書院窓の上にかけ渡した横木。
欄間の下などに取り付ける雲形などの彫り物。
木製火鉢の内側の、銅やブリキで作った、灰を入れる部分。落とし。
江戸中期、元禄(1688~1704)ごろに流行した元結の掛け方。普通より根元の近くを結ぶもの。
急な坂。また、坂道などの下りかかる所とも。
「―の高き所にみつけて」〈東屋

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android