コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落合豊三郎 おちあい とよさぶろう

2件 の用語解説(落合豊三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

落合豊三郎 おちあい-とよさぶろう

1861-1934 明治-大正時代の軍人。
文久元年2月28日生まれ。出雲(いずも)松江藩士の子。工兵出身で,明治32年から参謀本部第五部長として要塞整備につとめる。満州軍総兵站監部参謀長,交通兵旅団長などをへて41年工兵監。43年陸軍中将。大正3年東京湾要塞司令官をつとめた。昭和9年3月31日死去。74歳。陸軍大学校卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

落合豊三郎

没年:昭和9.9.31(1934)
生年:文久1.2.29(1861.4.8)
明治期の陸軍軍人。松江藩士落合鍬蔵,たけの3男。明治13(1880)年陸軍士官学校工兵科卒,19年陸軍大学校卒業。工兵としては初の陸大出身者。参謀本部,陸大勤務を経て26~27年にドイツ,29~30年にはイタリア公使館付武官,32~39年には参謀本部第5部長を務めた。第5部は要塞整備を担当したが存続期間が短く,専任で部長に任じられたのは落合だけである。日露戦争(1904~05)に当たっては,第2軍参謀長として出征したが作戦指導が慎重すぎるとして遼陽会戦後更迭され,満州軍参謀などを経て,38年5月新設の満州軍総兵站監部参謀長。43年陸軍中将に進み,大正3(1914)年東京湾要塞司令官を最後に予備役となる。貴重な工兵畑の参謀で,要塞にも精通していたが,日露戦争では,野戦軍の参謀長だったため,専門知識が生かしにくかった。

(鈴木淳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

落合豊三郎の関連キーワード川口武定河村正彦児島惣次郎坂田虎之助土屋光春津野田是重畑英太郎真鍋斌桃井直幹山岡熊治

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone