落月堂操巵(読み)らくげつどう そうし

世界大百科事典 第2版の解説

らくげつどうそうし【落月堂操巵】

江戸中期の浮世草子作者。本名出生地不詳。《和漢乗合船》(1713),《近代長者鑑(かがみ)》(1714)などの作がある。前者は中国の怪異説話を翻案し,原拠の話をも併出した勧善懲悪的色彩の濃い作で,当時の文芸界の中国趣味流行に乗じたもの。後者は金持ちと好色・遊興をめぐる5話から成り,同時期に江島其磧(きせき)が町人物を2作出したことに刺激されて書いた作。小説作者としては,時流に従う平凡な二流の存在。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android