葉状茎(読み)ヨウジョウケイ

大辞林 第三版の解説

ようじょうけい【葉状茎】

扁平または線状に変形して葉に似た形となり緑色で同化作用を行う茎。ウチワサボテン・ナギイカダ・カンキチク・アスパラガスなどにみられる。偏茎。葉状枝。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

葉状茎
ようじょうけい

茎が変態して葉のような形となり、光合成をおもな役目とするものをいう。ナギイカダ、カンキチクなどの扁茎(へんけい)がその例である。ただし、ウチワサボテンの扁茎は葉に似ているともいいがたいし、逆に、アスパラガスでは針葉樹の葉に似る葉状茎は扁茎とはいいがたいので、葉状茎と扁茎とは同義ではない。[福田泰二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android