コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

扁茎 へんけいphylloclade; cladodium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

扁茎
へんけい
phylloclade; cladodium

本来茎である部分が変態して葉のようになったもの。植物体全体にこの傾向のあるものにはカニバサボテンカンキチクなどがあり,主軸は茎状で枝が葉状になるものには,アスパラガスナギイカダなどがある。後者の場合は葉状枝という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

扁茎
へんけい

茎は一般に棒状をしているが、茎の変態の一つで、扁平となったものを扁茎とよぶ。ウチワサボテン、ナギイカダ、カンキチクなどにみられる。扁茎は、光合成の行われる場、すなわち同化器官である。形も機能も一般的な葉に似ている茎であるため、葉状茎といわれることも多い。[福田泰二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の扁茎の言及

【茎】より

…その他茎には形態・性質の上でさまざまなものがある。地上茎のうちでは光屈性を端的にあらわす直立茎が最もふつうであるが,節間が短い短縮茎(バショウ)や短枝,茎が扁平になった扁茎(カンキチク)や仮葉枝,茎針,地面などの基物面をはう匍匐茎(シノブ)や横走枝,物につる状に巻きつく巻きつき茎(アサガオ),葉が退化的で茎が太くなった多肉茎(サボテン)などがある。地下茎でも,根の機能も果たす根茎(ワラビ),茎が肥大して物質貯蔵の役目をする塊茎(ジャガイモ),茎が短く肉質の鱗片状葉に包まれた鱗茎(タマネギ)などがある。…

※「扁茎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報