著到(着到)(読み)ちゃくとう

世界大百科事典 第2版の解説

ちゃくとう【著到(着到)】

中世武家社会で,変事や戦闘にさいし,軍勢催促に応じて馳せ集まる軍勢到着の意。また不時の出陣命令を受けてそれに応じ,あるいはみずからこれを聞いて自発的に参着したことを記して提出する文書を著到状といった。大将または軍奉行はこれに承認の旨の文言と署判を与えた。参陣した武士は著到状を提出し,著到帳に自己の姓名を登載してもらい,著到状に証判を加えて返付してもらう。著到状は変事にさいして軍事勤務をはたしたことの証明書でもあり,後日恩賞請求の根拠とされた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android