コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

著到(着到) ちゃくとう

1件 の用語解説(著到(着到)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちゃくとう【著到(着到)】

中世武家社会で,変事や戦闘にさいし,軍勢催促に応じて馳せ集まる軍勢到着の意。また不時の出陣命令を受けてそれに応じ,あるいはみずからこれを聞いて自発的に参着したことを記して提出する文書を著到状といった。大将または軍奉行はこれに承認の旨の文言と署判を与えた。参陣した武士は著到状を提出し,著到帳に自己の姓名を登載してもらい,著到状に証判を加えて返付してもらう。著到状は変事にさいして軍事勤務をはたしたことの証明書でもあり,後日恩賞請求の根拠とされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

著到(着到)の関連キーワード安堵状国家社会主義殉死戦闘力鉄砲組兵車平信変事戦技藤直幹

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone