コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大番役 おおばんやく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大番役
おおばんやく

平安,鎌倉時代に行われた皇居,摂関家,幕府の警固番役。平安時代後期,令制の衛士が衰退したため,皇居の警固に武士をあてたのがその始り。鎌倉幕府成立後は全国の御家人に課すのを原則とした。期間は3~6ヵ月で御家人は催促に応じてこれをつとめた。のちに幕府警固のため,鎌倉番役が設けられると,東国武士がこれにあたり,京都大番役には主として西国御家人があたることとなったが,異国警固番役勤仕の御家人は免除された。摂関家では家領からこれを徴集し,摂関家大番役といった。鎌倉幕府のあと,建武政府も大番役を課したが,室町幕府にはこの制度はなかった。 (→大番 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

大番役【おおばんやく】

京都大番役

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

おおばんやく【大番役】

平安・鎌倉時代、京都の内裏・諸門などの警固役。京都大番役のほか、幕府所在の鎌倉の警固にあたるものを鎌倉大番役といった。大番。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大番役
おおばんやく

平安時代後期および鎌倉時代の内裏(だいり)や院御所の諸門の警固役。京都大番役、内裏大番、大内(おおうち)大番などともいう。前代の衛士上番(えじじょうばん)にかわるもので、諸国の武士が交替で勤仕した。平治(へいじ)の乱(1159)後からみられ、当時の国衙(こくが)軍制の公役(くやく)に由来するものと考えられるが、平氏の家人(けにん)制との関係や賦課形態など不明な点が多い。鎌倉幕府成立当初は、平氏政権期の慣行に従って、広く荘園(しょうえん)・公領の下司(げし)や押領使(おうりょうし)などに勤仕させているが、しだいに御家人のみの所役となった。承久(じょうきゅう)の乱(1221)後、侍所(さむらいどころ)と六波羅探題(ろくはらたんだい)が統轄し、守護を通じて国内の御家人に交替で勤仕させる方式が確立した。かくて、守護の権限である大犯(だいぼん)三か条の一つに「大番催促」とあるように、平時において守護が国内の御家人を統率するもっとも重要な手段となった。ただし、有力な御家人のなかには幕府から直接催促を受けた者もある。催促状は、おおむね半年ないし1年前に出され、勤仕期間は3か月ないし6か月であった。また勤仕の周期は10年前後が普通であったらしい。大番役の負担は所領内の百姓に転嫁されることが多かったので、しばしば紛争が起こっており、幕府は百姓への転嫁をできるだけ制限する法令をたびたび発している。なお、大番役に類似したものに洛中(らくちゅう)の警衛にあたる在京役がある。これは、在京御家人とよばれた畿内(きない)・西国の特定の御家人を選んで勤仕させたもので、その宿衛所である篝屋(かがりや)にちなんで篝屋番役ともいった。[小山靖憲]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大番役の言及

【京都大番役】より

…鎌倉幕府の御家人役の一つ。内裏大番役,大内大番役ともよばれた。鎌倉時代後期の裁判関係の書《沙汰未練書》には〈大番とは内裏警固番役なり〉とあり,大番役といえば普通京都大番役をさす。…

※「大番役」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大番役の関連キーワード御恩・奉公御恩・奉公六波羅探題大犯三箇条安達泰盛建武新政久下直光足利頼氏参勤交代藤原頼経新田政義近江お金在京人大番衆山中氏武家役広峯氏源頼朝承久番方

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android