コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葛井広成 ふじいの ひろなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

葛井広成 ふじいの-ひろなり

?-? 奈良時代の官吏。
はじめは白猪史(しらいのふひと)を名のる。養老3年(719)遣新羅使(けんしらぎし)となる。4年葛井連(むらじ)の氏姓をあたえられた。備後守(びんごのかみ)などをつとめ,中務少輔(なかつかさのしょう)となる。「万葉集」に歌を,「懐風藻」に漢詩をのこしている。

葛井広成 かどいの-ひろなり

ふじいの-ひろなり

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ふじいのひろなり【葛井広成】

奈良時代の文官,詩人,歌人生没年不詳。渡来人系ではじめ白猪史(しらいのふびと)を称し,719年(養老3)遣新羅使に任ぜられたが,これを辞す。翌年葛井連(ふじいのむらじ)の姓を賜る。以後歴官して正五位上中務少輔に至る。《万葉集》に短歌3首を残し,《懐風藻》にも漢詩2首を残している。また《経国集》には731年(天平3)の対策3編が収められている。〈春さればををりにををりうぐひすの鳴くわが山斎(しま)そ止まず通はせ〉(《万葉集》巻六)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

葛井広成の関連キーワード県犬養八重白猪広成奈良時代庭園官吏

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android