コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葛文王 かつぶんおうKal‐mun‐wang

世界大百科事典 第2版の解説

かつぶんおう【葛文王 Kal‐mun‐wang】

朝鮮,新羅の最高貴族に与えられた称号。三国時代に集中してみられる。その範囲は,王の父をはじめとして王母の父,王妃の父,王の同母弟,女王の配偶者など,すべて王の近親者に限られている。従来,死後おくられる追封号とみなされてきたが,追封号としての確実な用例は7世紀中ごろ以前にさかのぼれない。6世紀もしくはそれ以前に生時におくられる尊称として発生し,やがて追封号となったものと思われる。【木村 誠】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

葛文王の関連キーワード真興王

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android