(読み)アシ

  • ×葦/×蘆/×葭
  • よし
  • 葦 (アシ・ヨシ)

デジタル大辞泉の解説

イネ科の多年草。根茎は地中をはい、沼や川の岸に大群落をつくる。高さは2~3メートルになり、茎は堅く、円柱形で、細長い葉が互生する。穂はに出て紫色から紫褐色に変わる。若芽は食用になり、茎ですだれを作る。よし。 秋》「日の暮れや―の花にて子をまねく/一茶
植物アシ別名。「悪(あ)し」に通じるのを忌んで、「(よ)し」にちなんで呼んだもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

葦の関連情報