コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葦/蘆/葭 アシ

2件 の用語解説(葦/蘆/葭の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あし【×葦/×蘆/×葭】

イネ科の多年草。根茎は地中をはい、沼や川の岸に大群落をつくる。高さは2~3メートルになり、茎は堅く、円柱形で、細長い葉が互生する。穂は秋に出て紫色から紫褐色に変わる。若芽は食用になり、茎ですだれを作る。よし。 秋》「日の暮れや―の花にて子をまねく/一茶

よし【×葦/×蘆/×葭】

植物アシの別名。「悪(あ)し」に通じるのを忌んで、「善(よ)し」にちなんで呼んだもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

葦/蘆/葭の関連キーワード犬蕨岩団扇笠菅田字草浜苦菜浮矢柄行儀芝仙人藻沼茅

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone