(読み)アシ

デジタル大辞泉「葦」の解説

あし【×葦/×蘆/×葭】

イネ科の多年草。根茎は地中をはい、沼や川の岸に大群落をつくる。高さは2~3メートルになり、茎は堅く、円柱形で、細長い葉が互生する。穂はに出て紫色から紫褐色に変わる。若芽は食用になり、茎ですだれを作る。よし。 秋》「日の暮れや―の花にて子をまねく/一茶

よし【×葦/×蘆/×葭】

植物アシ別名。「悪(あ)し」に通じるのを忌んで、「(よ)し」にちなんで呼んだもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「葦」の解説

葦 (アシ・ヨシ)

学名Phragmites communis
植物。イネ科の抽水性多年草,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android