コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葦/蘆/葭 アシ

デジタル大辞泉の解説

あし【×葦/×蘆/×葭】

イネ科の多年草。根茎は地中をはい、沼や川の岸に大群落をつくる。高さは2~3メートルになり、茎は堅く、円柱形で、細長い葉が互生する。穂は秋に出て紫色から紫褐色に変わる。若芽は食用になり、茎ですだれを作る。よし。 秋》「日の暮れや―の花にて子をまねく/一茶

よし【×葦/×蘆/×葭】

植物アシ別名。「悪(あ)し」に通じるのを忌んで、「(よ)し」にちなんで呼んだもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

葦 (アシ・ヨシ)

学名:Phragmites communis
植物。イネ科の抽水性多年草,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

葦/蘆/葭の関連キーワードまつぼっくり公園のふるいブランコ鍵の穴から天を覗くリード・キャストかがりちゃん田北 衣沙桜葦舟・葦船伊勢の浜荻日の暮れ阿之豆及考える葦葦簀張り安志加比葦の丸屋阿斯訶備花細し下地窓すくも寄り竹火灯垣草葺き

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android