蒔岡雪子(読み)まきおか ゆきこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蒔岡雪子 まきおか-ゆきこ

谷崎潤一郎の小説「細雪(ささめゆき)」の登場人物。
大阪船場の旧家の3女で,愛称は雪姉(きあん)ちゃん。細面で痩せ型,見るからに良家の子女。積極的に意思表示をすることなく,行動的でもないので,4姉妹の中で一番縁どおい。外資系会社のサラリーマンにはじまり,在京の建築家との縁談がまとまるまで,4年半の歳月をついやす。小説は昭和18年から「中央公論」に発表。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android