コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒔岡雪子 まきおか ゆきこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蒔岡雪子 まきおか-ゆきこ

谷崎潤一郎の小説「細雪(ささめゆき)」の登場人物。
大阪船場の旧家の3女で,愛称は雪姉(きあん)ちゃん。細面で痩せ型,見るからに良家の子女。積極的に意思表示をすることなく,行動的でもないので,4姉妹の中で一番縁どおい。外資系会社のサラリーマンにはじまり,在京の建築家との縁談がまとまるまで,4年半の歳月をついやす。小説は昭和18年から「中央公論」に発表。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

蒔岡雪子の関連キーワード谷崎潤一郎

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android