蒯祥(読み)かいしょう(英語表記)Kuǎi Xiáng

世界大百科事典 第2版の解説

かいしょう【蒯祥 Kuǎi Xiáng】

1398‐1481
中国,明代,呉県(江蘇省)の人。もとは蘇州の香山幇(同業組合)所属の工匠で,のち北京の宮殿の造営に参画して任官し,工部侍郎となる。1417年(永楽15),正統年間(1436‐49)に北京の宮殿,53年(景泰4)に隆福寺,60年(天順4)に西苑の各館,64年に明の十三陵の一つ,裕陵の建設などを担当。寸分違わぬ設計や修理に定評があり,春秋時代の名匠になぞらえて蒯魯般と呼ばれた。【田中 淡】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android