コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒯祥 かいしょう Kuǎi Xiáng

1件 の用語解説(蒯祥の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かいしょう【蒯祥 Kuǎi Xiáng】

1398‐1481
中国,明代,呉県(江蘇省)の人。もとは蘇州の香山幇(同業組合)所属の工匠で,のち北京の宮殿の造営に参画して任官し,工部侍郎となる。1417年(永楽15),正統年間(1436‐49)に北京の宮殿,53年(景泰4)に隆福寺,60年(天順4)に西苑の各館,64年に明の十三陵の一つ,裕陵の建設などを担当。寸分違わぬ設計や修理に定評があり,春秋時代の名匠になぞらえて蒯魯般と呼ばれた。【田中 淡】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

蒯祥の関連キーワード袁耀章美唐寅東海張盧象昇金聖嘆呉派朱買臣弾詞馮夢竜

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone