コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒼虬 ソウキュウ

世界大百科事典 第2版の解説

そうきゅう【蒼虬】

1761‐1842(宝暦11‐天保13)
江戸後期の俳人。姓は成田。通称は彦助。本名は久左衛門利定。金沢の人。加賀藩士,弓馬術の達人。1790年(寛政2)に京都の闌更に師事し,洛東山双林寺中に住む。師の没後遺志に従い,芭蕉堂2世を継ぐ。のち南無庵と称し,梅室とともに京俳壇を二分する地位につき,鳳朗を加えて天保の三大家と言われた。1830年(天保1)に芭蕉堂を千崖に譲り,のち八坂に対塔庵を結んで俳壇を退いた。遅吟の質で刻苦勉励に努め,門人への指導も厳しかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蒼虬の関連キーワード蓑虫庵猪来海老原新甫3月13日河村公成田川鳳朗中江晩籟桜井梅室中島黙池守村抱儀八木芹舎小島文器直山大夢成田蒼虬織田風石寺島杜蓼鈴木素楓堤梅通自明虚白

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android