コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蓋果 ガイカ

大辞林 第三版の解説

がいか【蓋果】

蒴果さくかの一種。成熟すると果皮が横に割れて上半部が落ちる。マツバボタン・ゴキヅルなど。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の蓋果の言及

【実】より

…隔壁と背側両方で裂開するものがアカネ科に知られている。また横に裂けて上部が蓋のようになってあくものを蓋果(がいか)pyxisと呼び,ケイトウ,マツバボタン,サクラソウ,オオバコにみられる。実が裂開するさい種子を飛散させるものがあるが,その機構は一様でない(図5)。…

※「蓋果」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報