裂開果(読み)れっかいか

日本大百科全書(ニッポニカ)「裂開果」の解説

裂開果
れっかいか

果実が成熟したあとに果皮の裂ける現象を裂開といい、そのようにして種子を散布する果を裂開果という。裂果ともよび、不裂開果(閉果)に対する語。裂開果は、裂開の形によって豆果(とうか)、角果(かくか)、蒴果(さくか)、蓋果(がいか)、袋果(たいか)などに分けられる。また、裂開が心皮の癒着した部分でおこる場合を胞腹(ほうふく)裂開(胞間(ほうかん)裂開)といい、各心皮の中央でおこる場合を胞背(ほうはい)裂開という。

[吉田 治]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「裂開果」の解説

れっかい‐か ‥クヮ【裂開果】

〘名〙 果実の一型。成熟すると乾燥して、果皮の一部が裂けて開き、種子を出すもの。袋果、豆果、蒴果などが含まれる。裂果。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android