コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裂開果 レッカイカ

大辞林 第三版の解説

れっかいか【裂開果】

熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する果実。乾果の一種で、莢果きようか(マメ科)、蒴果さくか(アヤメ科)、角果(アブラナ科)、袋果(キンポウゲ科)、蓋果がいか(スベリヒユ科)などがある。裂果。 ↔ 閉果

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

裂開果
れっかいか

果実が成熟したあとに果皮の裂ける現象を裂開といい、そのようにして種子を散布する果実を裂開果という。裂果ともよび、不裂開果(閉果)に対する語。裂開果は、裂開の形によって豆果(とうか)、角果(かくか)(さくか)、蓋果(がいか)、袋果(たいか)などに分けられる。また、裂開が心皮の癒着した部分でおこる場合を胞腹(ほうふく)裂開(胞間(ほうかん)裂開)といい、各心皮の中央でおこる場合を胞背(ほうはい)裂開という。[吉田 治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

裂開果の関連キーワード果実(植物)ツチアケビラン科分果蒴果乾果蓋果角果

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android