コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蓑正高 みの まさたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蓑正高 みの-まさたか

1687-1771 江戸時代中期の農政家。
貞享(じょうきょう)4年生まれ。猿楽師蓑兼正の養子。田中丘隅(きゅうぐ)の娘を妻とし,丘隅とともに相模(さがみ)(神奈川県)酒匂(さかわ)川の治水工事にあたる。元文4年(1739)幕府代官となり,のち相模・武蔵(むさし)で計7万石を支配。農政指導書「農家貫行」をあらわした。明和8年8月7日死去。85歳。江戸出身。本姓は小沢。通称は笠之助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

蓑正高

没年:明和8.8.7(1771.9.15)
生年:貞享4(1687)
江戸中期の幕府代官。通称は庄次郎,笠之助。松平光長の家臣小沢庄兵衛の長男,江戸生まれ。享保1(1716)年猿楽師で宝生座配下の蓑(巳野)兼正の養子となり,同3年に家督を相続。農政,治水に通じ,田中丘隅の娘を妻とする。同14年幕府に召し出され,大岡忠相の支配下に入り,相模国足柄上・下郡の内73カ村を支配,酒匂川の普請なども行う。元文4(1739)年代官となり扶持米160俵。支配地はのちさらに加増され,計7万石となった。延享2(1745)年勘定奉行の支配下に移るが,寛延2(1749)年手代の不正のため罷免され,小普請入り。宝暦6(1756)年隠居。剃髪して相山と号した。<著作>『農家貫行』

(大石学)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

蓑正高の関連キーワード井原西鶴岡清兵衛インノケンティウス[11世]ゴルコンダ王国ド・コットトリアノンフォントネルヨーゼフ1世怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)東山天皇

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android