コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蓑蛾 ミノガ

デジタル大辞泉の解説

みの‐が【××蛾】

鱗翅(りんし)目ミノガ科のガの総称。雄は主に黒褐色で翅(はね)をもち、よく飛ぶ。雌は翅が退化して蛆(うじ)状で、成虫になっても蓑の中で過ごし、雄の飛来を待って交尾・産卵する。幼虫はミノムシ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みのが【蓑蛾】

ミノガ科のガの総称。全世界で約800種、日本で約40種が知られている。はね・体とも黒か暗褐色のものが多い。雄の成虫にははねがあって飛ぶが、雌ははねが全くないか退化しており、蛆うじ状で一生を蓑の中で過ごす。幼虫はミノムシ。オオミノガ・チャミノガ・ミノガなど。
ミノガ科のガの一種。雄の開張25ミリメートル 内外。全体が黒褐色で、スギ・マツその他の植物を食害する。日本から中央アジアまで分布。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone