蓬戸(読み)ホウコ

デジタル大辞泉の解説

ほう‐こ【×蓬戸】

《草を編んで作った戸の意》粗末で貧しい家。
「八条の―、六波羅の蓮府」〈盛衰記・三二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうこ【蓬戸】

〔蓬よもぎを編んで作った戸の意〕
粗末な貧しい家。あばらや。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほう‐こ【蓬戸】

〘名〙 (草をあんで作った戸の意) 粗末で貧しげな住居。庶民の家。貧屋。
※本朝麗藻(1010か)下・閑中聞左親衛員外将軍両度遊宇治河聊述中懐偸呈下風〈藤原公任〉「華船有月波澄色、蓬戸無人雨滴声」 〔礼記‐儒行〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android