蓮子(読み)れんし

精選版 日本国語大辞典 「蓮子」の意味・読み・例文・類語

れん‐し【蓮子】

〘名〙
① 蓮(はす)の実。数珠玉などに用いる。
延喜式(927)五「蓮子、干棗各一升」 〔古楽府‐子夜夏歌〕
② さかずき。酒杯
※江吏部集(1010‐11頃)中・閑伴唯琴酒「誘引桐孫久契、提携蓮子相争

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「蓮子」の意味・読み・例文・類語

れん‐し【×蓮子】

ハスの実。数珠玉じゅずだまなどに用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「蓮子」の読み・字形・画数・意味

【蓮子】れんし

蓮の実。

字通「蓮」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android