(読み)ハス

デジタル大辞泉「蓮」の解説

はす【×蓮】

《「はちす」の音変化》スイレン科の水生の多年草。根茎は節が多く、晩秋に末端部が肥厚し、蓮根(れんこん)といい、食用。葉は円形で長い柄をもち水上に出る。夏、水上に花茎を伸ばし、紅・淡紅・白色などの大きな花を開く。花のあと、花托(かたく)が肥大して逆円錐状になり、ハチの巣のような穴の中に種子ができ、食用。インドの原産で、古く中国から渡来し、池・沼などに栽培される。蓮華(れんげ)。 花=夏 実=秋》「夜の―に婚礼の部屋を開けはなつ/誓子

れん【蓮】[漢字項目]

人名用漢字] [音]レン(呉)(漢) [訓]はす はちす
水草の名。ハス。「蓮華(れんげ)蓮根蓮台紅蓮(ぐれん)白蓮(びゃくれん)
草木の名に用いる。「睡蓮木蓮

はち‐す【×蓮】

《果実が蜂巣状をなすところから》ハス別名 夏》「利根川のふるきみなとの―かな/秋桜子
ムクゲの別名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「蓮」の解説

蓮 (ハチス)

植物。ムクゲの別称

蓮 (ハス)

学名:Nelumbo nucifera
植物。スイレン科の抽水性多年草,園芸植物,薬用植物

蓮 (エモギ)

植物。キク科の多年草,園芸植物,薬用植物。ヨモギの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典「蓮」の解説

はち‐す【蓮】

〘名〙
① (「蜂巣」の意。果実を入れた花托が蜂の巣に似るところからいう) 植物「はす(蓮)」の古名。《季・夏》
※古事記(712)下・歌謡「日下江(くさかえ)の 入江の波知須(ハチス) 花蓮(はなばちす) 身の盛り人 羨(とも)しきろかも」
② 植物「むくげ(木槿)」の異名。〔字鏡集(1245)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android